ブレインラーニングの口コミに隠れた英語上達3つの秘密

ブレインラーニングの口コミに隠れた英語上達3つの秘密

苫米地英人博士のブレインラーニングという教材の口コミ、評価 評判を集めました。また自分の購入使用体験も載せていきたいと思います。

ブレインラーニングの口コミに隠れた英語上達3つの秘密 > ブレインラーニングの口コミに隠れた英語上達3つの秘密

ブレインラーニング 口コミ情報

苫米地英人のブレインラーニングですが結構売れてるようですね。


そこでいろいろな口コミ情報、評判、評価を集めましたところ・・・


・映像がついているので英語を聞くとイメージが出てくる。
・英語の夢を見るようになった。
・TOEICのスコアがあがった。
・丁寧に作りこまれているので納得。
・映像ありのシャドーイングが効果的だと思う。
・苫米地英人さんのスタートガイドブックを読んでから始めるのがおすすめ。英語脳を作るということにしっくり来た。
・スタートガイドブックにあったようにやっぱりしっかりした目標や、やる気が大事だと認識させられました。
・英語が話せないといけない環境なので、勉強法として時間短縮になった。


などなどの意見がありました。

私自身ブレインラーニングを購入して、実際に効果を体験しています。

英語を話している夢を見ることもありますし、その中では完全に別の人格の自分が存在します。また英語に対しての抵抗感が減ったように感じます。口コミでおっしゃられる方と同じように感じることもあります。

ブレインラーニングの口コミに隠れた英語上達3つの秘密

①映像が臨場感を与えてくれ記憶を強化してくれる。

今まで学んできた英語は、英語で聞く→日本語に変換→理解でしたが、それでは会話ができません。日本人が英会話が苦手なのはそこにあります。

口コミにもあるようにブレインラーニングには映像がありますので臨場感を持って英語を聞いたらイメージが出てくる、つまり英語を英語で理解する英語脳になります
そして単語に対してぱっと映像が出てくるので日本語脳が出て来ません。

②クリティカルエイジを突破させてくれる。

クリティカルエイジとは8歳~13歳くらいの間にしか言語は習得できないという、一般的にある年齢制限のようなものです。絶対とはもちろん言えないのですが、統計的に学ぶのに向いている年齢なのでしょう。

きっと大人になった方は今から勉強して話せるようになるのかな~??という心配もあるはずです。

赤ちゃんが英語を学ぶ手順は音→文字→そして大きくなってから文法を学びます。日本の英語教育は、音+文法+文字を同時にやってしまいます。そこで、日本語脳の上に英語を載せようとするから、一度日本語にチューニングしなおす作業が入ります。他の教材の口コミでもよく見かけますがここが日本人が英語ができない理由です。

それではクリティカルエイジを突破する方法は?

日本語の上に英語を載せようとするとどうしても、日本語脳が邪魔をします。そうではなく、まっさらな脳に英語脳を入れるという作業をするとクリティカルエイジに関係なく英語が習得できるそうなのです。

だから、日本語を全く見ないで映像、音声でひたすら英語を見る、聴く、話すということを徹底しているのがブレインラーニングです。

③自分でトレーニングできる。

これは大きいと思います。口コミにあるようにシャドーイングといって、ネイティブスピーカーが英語をしゃべった後追いをするトレーニングですが、通常の本屋の教材は音声しかありません、しかしブレインラーニングには映像を見ながら口の動き、外国人と話している感覚でシャドーイングができます。
これだとスキマ時間でも練習できますし、英会話教室に「通う時間」が節約
できます。

ブレインラーニング 口コミによるその他のメリット

・MP3音声がCDとしてあらかじめついている。

普通のCD音声だと、いちいちリッピングして、ソフトに取り込んで音楽プレーヤーに入れて、と面倒ですよね。最近はパソコンを持っている人が増えたので対応してくれたのだと思います。CDがずらっと並んだらボリュームがあるように見えますが、そうやってみるとブレインラーニングは結構なボリュームがありますよ。

・TOEICのオンライン模試が無料で利用できる。

これは自分の現在地を理解するのにちょうどいいですね。ブレインラーニングの購入から無料で1年間利用できます。

・時間短縮できる。

英語っていくら勉強していてもやり方を間違えていると、時間だけが過ぎていきます。ブレインラーニングは効率のよい英語教材ですね。


↓  ↓  ↓




>>>ブレインラーニングの詳細はこちら



相互リンク:ボキャビルダー 口コミ体験記 TOEICで730点超えを目指そう!